ホーム体幹・腰・骨盤の障害>腰椎分離症(腰椎すべり症)

○腰椎分離症(腰椎すべり症)

【総論】

腰椎分離症と腰椎すべり症

何らかの原因により脊椎の椎弓部が骨折、または破壊された状態を脊椎分離症という。ほとんどは下部腰椎(第5腰椎)に起こる。


このような現象が起こると、腰痛は構造上、前弯をしているために前方向へ滑走する力が加わり、分離症を起こした椎骨は前方へすべることがあり、それを脊椎すべり症という。

脊椎分離症の約30%に脊椎すべり症が生じていると考えられている。


分離症が見られないにもかかわらず、脊椎がすべった状態にある場合を偽性すべり症という。


発症は、10~15歳の成長期でスポーツ選手および愛好家に頻度が高く、その報告例でも20%以上である。

骨の発達が不十分な時期の腰部への繰り返す負担による疲労骨折と言われている。


しかし一方、疫学調査によるとイヌイットの40%以上に脊椎分離症がみられ、遺伝的要因もあると考えられている。明確な原因は不明である。

【興味深い近年の研究】

腰痛で病院へ行くと、X線撮影をして、こんなことを言われた方が多い。


「腰痛の原因は、この腰椎分離症です。」

「腰骨がすべっているから腰痛は避けられないですね。」

「これ以上悪化させたくなかったら、スポーツを辞めなさい」


X線画像を目の前に、そんな説明を受けると納得してしまいますが・・・

ご安心ください。

実は腰痛と脊椎異常はまったく関連がないことが近年の研究が示している。


腰痛と脊椎異常の関係性に関して、いくつか論文が出ているのですが、1992年にBigos SJによって行われたこんな研究がある。


急性腰痛と慢性腰痛、そしてまったく症状のない健常者とをそれぞれ約200名集めて、X線撮影を行い、違いを調査した。

腰痛患者と健常者の脊椎異常
腰痛患者と健常者の脊椎異常


その結果、腰痛の有無に関係なく、ほぼ同じ割合で脊椎異常が見つかった。


腰椎分離症やすべり症は、症状のまったくない健常者でも普通に持っている個性の一つと言うわけでる。 


また、アスリートの腰痛にどの程度、脊椎分離症が関係しているかを調査した研究があるので紹介する。


 一つは、イタリアの研究で若いアスリート4243名を対象に、もう一つはスペインの研究で3152名を対象にして行われました。

 

 その結果、イタリアの研究では13.5%、スペインの研究では8.02%しか、脊椎分離症・すべり症と関連していないと結論付けられました。

 

これは、一般の腰痛患者における脊椎分離症の割合と変わらない。

ようするに、スポーツによって脊椎分離症が起こる訳ではないということである。


他にも、ドイツで行なわれた脊椎分離症・すべり症の青少年スポーツ選手を対象に、5年間の経過観察を行なった研究がある。

それによると、連日の集中的なトレーニングを行なったにも関わらず、症状はまったく現れることはなかった。

また、この期間中に、すべりの増加が約40%の症例に認められたが、その程度は軽度だった。


脊椎分離症・すべり症で、スポーツをあきらめようとしているしている方がいましたら、ぜひ上の研究を参考に。

【好発スポーツ】

明確な原因は不明であるため、好発するスポーツも不明である。


疲労骨折により起きているとすると、繰り返し腰へ負担のかかる競技(特に腰の伸展動作)。

バレーダンサー。

【症状】

脊椎分離症による自覚症状はない。

脊椎すべり症も自覚症状はない。


ただし、すべった状態によっては脊柱管狭窄症を起こした場合、排尿、排便の異常や肛門付近のほてりなどの「馬尾障害」が生じる可能性はある。(詳しくは脊柱管狭窄症を参照)


☆ 腰痛に関して、詳しい情報を知りたい方は、

腰痛情報サイト「腰痛治療の今 変わる腰痛の常識」をご参照ください。