ホームその他の障害>疲労骨折

○疲労骨折

【総論】

疲労骨折(過労性骨折)とは、骨に小さなひびが生じた状態で、骨に対して繰り返し曲げる、ひねるといった衝撃が長期にわたって過剰に加わった結果起こる骨折を言う。


骨の微小なひびが、修復される前に繰り返しストレスが加わることにより、修復とひびを繰り返し起きている状態で、通常の骨折のように折れて激痛が走ると言う骨折ではない。


疲労骨折の初期段階では、ヒビがX線で確認しづらいため気づきにくいが、ある程度経過した疲労骨折の場合、骨の修復に起こる骨膜反応、仮骨形成がレントゲンで認めることが多い。


下肢、特に第二、第三、第四中足骨に起こりやすく、足の小指にはあまり起きないとされているが、稀に小指も疲労骨折を起こすことがあり、その場合、完治が通常より遅いと言われ、場合によっては手術が行われる。


発症のピークは15~16歳だが、年齢層は幅がひろく、筋の柔軟性低下や筋力低下による場合や、骨の強度が低下している高齢者にも多くみられる。

若い女性の運動選手も、激しい運動によって卵巣の機能が低下して月経が止まることで、骨粗しょう症を生じることがあり、その結果、疲労骨折を起こしやすくなる。


また、団体でスポーツを強制されるケースや、軍隊などの激しい訓練を強制されるケースで多く起こる傾向にあり、精神的ストレスによる筋の柔軟性低下や筋力低下も引き金になっていることが考えられる。

【好発スポーツ】


下肢の疲労骨折が比較的多く、代表的なスポーツは、陸上競技、サッカー、バスケットボール、バレーボール、野球など。


走る競技に多いのは、中足骨の疲労骨折や脛骨の疲労骨折、ゴルフでは肋骨の疲労骨折、野球では尺骨肘頭の疲労骨折が頻繁にみられる。


【症状】

初期症状は、外傷がみられないのに運動時の負荷がかかったときのみ痛みが生じ、運動を止めると痛みも治まる。


腫れや赤み、圧痛も伴うことが多い。


通常の骨折と異なり、我慢できないほどの激痛を起こすことは稀であるが、放置することで自発痛や最終的には完全に骨折を起こし激痛に変わることもある。